中高年の外国旅行の必至のひとつ!

中高年の外国旅行の必至のひとつ

中高年以上の健康のひとつについて豆知識程度を書いて見ましょう。

 

まずある程度の年齢になると体の胃腸の中にある菌が
自分自身で作ることが出来なくなる事実があります。

 

特に腸の中にある栄養成分を分解してくれるあらゆる菌です、
まだどのくらいの種類の分解菌があるのか正確にはわかっていないそうです。

 

胃から最後のお通じに至るまでの
長い吸収分解摂取の繰り返しだそうです、
これは単に耳学の話です。

 

ここからそれを踏まえた大事な経験法則の実践の話です、
若い人がいきなり中国など食事がらみの露天などの食ではなかなか腹下し起こってきません。
しかしながら結構多いのです、
中高年の出張者や転勤族の方が衛生状態の悪い中国の食事で気をつけなければいけないのは食あたりです。

 

特に腸の乳酸菌が少なくなってくるそうです、
日本にいても便秘になってきます。

 

これは年取るごとに起こってくることですから仕方がないことです、

 

それで出張する一週間まえから毎日ヨーグルトを朝昼晩と乳酸菌の補給をして外国に出かけましょう。
それで食あたりがなくなるわけではありませんが
比較的悪いものを食したとき軽度ですむことができます。

 

余談の話ですが、中国の露天の朝食や夜食を食している現地の人たちのお腹は大変ゆるいと
現地の案内人や企業保健士のアドバイスですからこれは間違いありません。

 

別に長期に旅するわけではありませんが、自分自身を守る最低限度の健康保持のひとつではないでしょうか。

 

必ず馬鹿にしないで、安価格のヨーグルトを食べるか飲んで出かけましょう。
白井田七人参もおすすめ!

 


このページの先頭へ戻る